Android ニュースが大好評!・・・たぶん


Android 入門

最近アンドロイド開発入門と題して、 Android の開発情報サイトを作っています。これがなかなかの好評をいただいております。

サイトオープンから5ヶ月目。ここまでの出足でみると僕が運営する情報サイトの中で一番の出足です。

上のグラフは3月中旬から5月末までの Visit 数(ユニークユーザー数)のグラフです。順調に伸びてます。

検索エンジンからのアクセスが増えると、New Visit (新規ビジター)の割合は増えがちなのですが、今回は新規ビジターの割合は徐々に下がっています。

こちらは3月中旬から5月末までの新規ビジターの割合。

Android 入門

アクセスするビジター(お客さん)が増えて、新規のお客さんの割合がこれはリピータが多いことを表しています。

ご愛顧いただきありがとうございます!

・・・と、ここまでは事実ということでいいと思いますが、じゃぁ、どうして今回順調に滑り出せたか、考えてみたいと思います。

喜ぶのはまだ早いのかもしれませんが・・・

好調理由、たぶんその1。「ニュースが好評」

今回初の試みとしてかなりの時間を使って継続しているのが、プチ・ニュースの掲載

アンドロイド開発入門のトップページには、私が情報収集しているなかで気になった Android 関連の最新情報を掲載しています。

情報源は主にアメリカのコンピュータ・ニュースサイト、Google などの主な企業のブログ、及びマーケティングリサーチ各社のブログやプレスリリースなどです。Yahoo! のトップページからしか情報収集していない人に比べれば、ずっと早く情報がかかれているはずです(笑)

逆に「しまった知らなかった!」と思った他サイトのニュースを見た時には、どこをチェックしていたらより速く情報収集できたか調べて、チェックサイトに追加していってます。

と、そんなわけで情報集めも結構大変なので、きっとこれが好調な PV を支えているんじゃないかな、と思いたい。ただの希望なんですけどね(苦笑)

好調理由、たぶんその2。 SEO の真髄。「気持ち」

上でリピータが多いとはいいましたが、検索エンジンからの(オーガニックの)流れも増えてます。

情報サイトを各種運営していて思うのですが、 SEO って、基本的な手順を守ってさえいれば、あとは気持ちなんじゃないかな、と。

熱い思いを持っているときは、 Google はかなり反応してくれます。

小手先で短時間でチョチョイと何とかしてやろう、と邪心が混じったときは何かうまくいかないんですけど。

今回は僕が Android 超オモシレー、と夢中になっているところで反応してくれたのかな、、、と、アナログな結論になったところで、今日はこのくらいにしておきます(笑)

それではまた。