Web/DB プログラミング徹底解説

ホーム > IIS 徹底解説 > 各種コマンドの使い方

各種コマンドの使い方

スポンサーリンク

トラブルシューティングのときによく使うコマンドをいくつか記載します。

netstat

トラブル診断で、一番よく使うのは TCP/IP の統計一覧表示でしょう。netstat -anop tcp で TCP の状態を出力します。

C:\>netstat -anop tcp

Active Connections

  Proto  Local Address          Foreign Address        State           PID
  TCP    0.0.0.0:80             0.0.0.0:0              LISTENING       4
  TCP    0.0.0.0:135            0.0.0.0:0              LISTENING       864
  TCP    0.0.0.0:443            0.0.0.0:0              LISTENING       3860
  ...
  TCP    127.0.0.1:52061        127.0.0.1:52062        ESTABLISHED     2580
  TCP    127.0.0.1:52062        127.0.0.1:52061        ESTABLISHED     2580

C:\>

tasklist

tasklist /SVC で実行中のプロセス ID とサービスの関連付けを行います。

findstr

出力データから、特定の文字を探したいときに使えます。

例えば、netstat コマンドの出力からポート 80 番に関わるエントリのみを抽出する場合は、次のようにします。

C:\Debuggers> netstat -ano | findstr ":80\>"
  TCP    0.0.0.0:80             0.0.0.0:0              LISTENING       432
  TCP    10.0.0.3:52655         74.125.19.189:80       CLOSE_WAIT      6016
  TCP    10.0.0.3:52688         74.125.19.189:80       ESTABLISHED     6016
  TCP    10.0.0.3:52698         74.125.19.19:80        CLOSE_WAIT      6016
  TCP    10.0.0.3:57618         4.23.63.125:80         CLOSE_WAIT      2244
  TCP    10.0.0.3:63180         74.125.19.104:80       CLOSE_WAIT      4116
  TCP    10.0.0.3:64760         8.12.204.126:80        CLOSE_WAIT      3400

for

複数のファイルに対してコマンドを実行できます。

例えばあるディレクトリ内の *.log ファイルに対して、その中身を読み、500 という数字の書かれている 行のみを出力するには次のようにします。

> FOR /F "usebackq" %i IN (`dir /B *.log`) DO @type %i | findstr 500
スポンサーリンク
ホーム > IIS 徹底解説 > 各種コマンドの使い方