Web/DB プログラミング徹底解説

ホーム > IIS 徹底解説 > グローバル HTTP モジュール ghttpmod.dll の動作確認

グローバル HTTP モジュール ghttpmod.dll の動作確認

スポンサーリンク

概要

ここでは当サイト内 「グローバル HTTP モジュールの開発 (サンプルコード)」 で作成した、 サンプル グローバル HTTP モジュール DLL (ghttpmod.dll) の動作確認を行います。

ghttpmod.dll は、リクエストを受け付けたときにその URL をデバッグトレースに出力します。 トレースの表示には DebugView を使います。 DebugView の Capture Global Win32 オプションが有効であることを確認してください。

動作確認

  1. DebugView を起動します。Capture Global Win32 オプションが有効であることを確認してください。

  2. サーバー上で Internet Explorer (IE) を起動して、http://localhost/ を要求します。

  3. すると、下図のように ghttpmod.dll からのトレースが DebugView に出力されます。

  4. 次に、モジュール終了時の動作を見るために、ワーカープロセスをリサイクルさせます。

    インターネットインフォメーションサービスマネージャを開き、左側ペインから アプリケーションプール を選択します。右側ペインから現在使用中のアプリケーションプールを選択します。 (ここでは DefaultAppPool を利用しているのでそれを選択しています)

    右側の操作パネルから リサイクル... をクリックします。

  5. 下図のように Terminate が呼び出されたことを確認します。

    尚、プロセス 1756 の RegisterModle は、プロセス 3920 の Terminate よりも先に出力されていることから、 プロセス ID 1756 は、プロセス 3920 が終了する前に起動していることもこれで確認できます。

以上でグローバル HTTP モジュールが確かに呼び出されていることが確認できました。

関連資料

  1. グローバル HTTP モジュールの開発 (サンプルコード)
  2. グローバル HTTP モジュールのインストール
スポンサーリンク
ホーム > IIS 徹底解説 > グローバル HTTP モジュール ghttpmod.dll の動作確認