Web/DB プログラミング徹底解説

ホーム > IIS 徹底解説 > 認証方法の設定

認証方法の設定

スポンサーリンク

開発ばかりに目が行って、そういえば IIS の一番簡単な設定方法を紹介するのを忘れていました。 一番ポピュラーで簡単な方法は adsutil.vbs を使う方法です。 IIS 7.0 でも IIS 6.0 の互換性コンポーネントの ひとつとして利用できます。

AuthFlags の設定

IIS の認証方法の選択は AuthFlags というキーを設定することによって設定します。

AuthFlags には、「匿名認証」「Windows 統合認証」「基本認証」「ダイジェスト認証」そして「パスポート認証」それぞれに 割り当てられた値のビットマスク値が格納されています。

認証方式ビットマスク値
匿名認証0x00000001
基本認証0x00000002
ダイジェスト認証0x00000010
Windows 統合認証0x00000004
パスポート認証0x00000040

個別構成キーによる設定

しかし、わざわざそのマスク値を調べてその値を AuthFlags にセットするより、 もっと簡単な方法がありますので、普通はそちらを使います。

以下の構成キーを設定することによって、それに応じた適切な値が AuthFlags に設定されます。

キー意味
AuthBasicTrue/False基本認証
AuthAnonymousTrue/False匿名認証
AuthNTLMTrue/FalseWindows 統合認証
AuthMD5True/Falseダイジェスト認証
AuthPassportTrue/Falseパスポート認証

例えば Windows 統合認証を有効にするには次のようにします。

> cscript adsutil.vbs SET W3SVC/1/ROOT/AuthNTLM False

これによって、AuthFlags が適切な値に更新されます。

スポンサーリンク
ホーム > IIS 徹底解説 > 認証方法の設定