Web/DB プログラミング徹底解説

ホーム > IIS 徹底解説! > IIS で HTML コンテンツを公開しよう!

IIS で HTML コンテンツを公開しよう!

スポンサーリンク

デフォルトの設定を確認しよう

IIS をインストールしたらいよいよ、コンテンツを公開してみましょう!

ここでは、スタティックコンテンツ (=HTML ファイル) を公開する方法を説明しますが、これは非常に簡単です。

実はデフォルトの設定でも、既に HTML コンテンツは公開されるように設定されています。

どのような設定になっているかは、IIS マネージャの下記をみるとわかります。 IIS マネージャを開き、左側のツリーを降りてゆき、サイト というアイコンをクリックしてください。

すると、右側のペインにサイトの一覧が表示されます。

ま、「一覧」 といっても、インストールした直後にはひとつしか "サイト" は作られていません。"Default Web Site" という名前の "サイト" です。

サイトとは? ~ Default Web Site の意味は?

IIS の管理画面でいうところの 「サイト」 というのは、 ホスト名と TCP ポート番号の組み合わせと考えると良いでしょう。

上図の意味を考えて見ましょう。 次の部分です。

名前: Default Web Site
ID: 1
状態: 開始済み (http)
バインド: *:80 (http)
パス: %SystemDrive%\inetpub\wwwroot

名前の 「Default Web Site」 は管理画面における Web サイトの名前です。 デフォルトで一個作られる Web サイトの名前は "Default Web Site" という名前です。

自分でサイトを作るときは、わかりやすい名前をつければよいです。

「ID」 というのは、IIS の構成情報で内部的に使う番号です。

「状態」 というのは、IIS が正常に動作しているか、あるいは、 停止状態なのかなどの状態を表します。

「バインド」 というのはこのサイトが、どのようなホスト名(あるいは IP アドレス) 及び TCP ポートと関連付けされているかあらわしています。

*:80 というのは、全てのホスト名及びそのサーバーで使用できる全ての IP アドレスの、 80 番ポートに、このサイトが関連付けされているということを示しています。

例えば、このサーバーが 192.168.1.10 という IP アドレスが割り当てられている場合、 このサーバー上の IE から IIS に対しては、192.168.1.10 という IP アドレスと、 ループバックアドレスの 127.0.0.1 を通してアクセス可能になります。

もし、サイトの設定において * ではなく特定の IP アドレスを指定すると、 指定した IP アドレスでのみアクセス可能になります。

また、同じ IP アドレス、同じ TCP ポートで複数の Web サイトをホストしたい場合もあります。 この時は、ホストヘッダーというのを設定するのですが、その設定方法については 複数のウェブサイトをホストする で説明します。

さて、最後の項目 「パス」 はデフォルトで %SystemDrive%\inetpub\wwwroot に設定されています。 % と % で囲まれた値は、(システム) 環境変数の %SYSTEMDRIVE% をあらわしています。

環境変数を確認するのは、コマンドプロンプトを利用すると簡単です。 コマンドプロンプトから次のように echo を使って、環境変数を表示させることが出来ます。

C:\> echo %SYSTEMDRIVE%
C:

私の環境のように、%SYSTEMDRIVE% が C: に設定されていれば、%SystemDrive%\inetpub\wwwroot は C:\inetpub\wwwroot の意味になります。

このパスが、このサイトのドキュメントルートパスになります。

つまり、%SystemDrive%\inetpub\wwwroot\foo.html や %SystemDrive%\inetpub\wwwroot\dir1\bar.html はそれぞれ http://<ホスト名>/foo.html 及び http://<ホスト名>/dir1/bar.html としてアクセス可能になります。

HTML ファイルの公開

説明が長々しくなりましたが要は

デフォルトで、そのサーバーで利用可能な全ての IP アドレス上の 80 番ポートにバインドされた Web サイトが作成され、そのドキュメントルートが %SYSTEMDRIVE%\inetpub\wwwroot\ である

ということになります。

従って、%SYSTEMDRIVE%\inetpub\wwwroot\ 以下に HTML ファイルを置けば、IIS を通してコンテンツを公開することが可能になります。

尚、この資料では %SYSTEMDRIVE% が C: であるとして記事を記載します。 異なる環境をご利用の方は、適宜読み替えてください。

試しにドキュメントルートにあるファイルを、ブラウザから要求してみましょう。

IIS 7.0 をインストールすると、C:\inetpub\wwwroot ディレクトリ以下に welcome.png という画像ファイルがあるはずです。

サーバー上のブラウザから、http://localhost/welcome.png を要求すれば、以下のようにちゃんと見えるはずです。

これが見えない場合は、IIS が開始されていない可能性がありますから、管理画面からサイトを選択して、 右クリックし、以下のメニューから 開始 を選択してください。

いかがでしょうか? 上記の画面が表示できれば、IIS は実行中です!

スポンサーリンク
ホーム > IIS 徹底解説! > IIS で HTML コンテンツを公開しよう!