Web/DB プログラミング徹底解説

ホーム > ネットワーク超入門 > ネットワーク上にある他のコンピュータに接続するにはどうしたらよいか?

ネットワーク上にある他のコンピュータに接続するにはどうしたらよいか?

前回は、「ネットワークって何?」ということで、かなり大雑把に、ネットワークを 「いろんなパソコンやら、プリンターやら、いろいろとつながっている固まり」のことだといいました。

大雑把な説明で不安になってしまうかもしれませんが、ご安心ください。

大まかに説明して、徐々に詳しく説明する。大まかに概要を把握してから詳細を説明。 という繰り返しで、説明していこうと思ってます。

ネットワーク上のほかのコンピュータに接続するには?~機器に番号を割り当てる

さて、今日は 「ネットワーク上にある他のコンピュータに接続するにはどうしたらよいか?」 というお話です。

さ、どうしたらよいでしょうか?

ズバリ言いますと、ネットワークに繋がっている機器を識別するための番号を振ればよい のです。

この図のように、この PC は10番、この PC は20番、... のように番号を割り当てます。

そうすれば、「100番と通信したい!」とか 「150番のプリンターで印刷したい」とか指定できますよね。

ネットワークが複数ある場合は・・・? ネットワークに番号を割り当てる

それでは、ネットワークが複数ある場合はどうでしょうか?

例えば、下の図のように

「30番から150番のプリンターに接続して印刷したい」

という場合、どうでしょうか。

困ったことに「150番のプリンター」が上のネットワークにも下のネットワークにも存在します。 この番号は、ネットワーク毎に割り当てていたので、上のネットワークと下のネットワークで番号が重なってしまったのです。

このように複数にネットワークがあるときのことを考えて、それぞれの端末だけではなく、

「ネットワーク自体にも番号を振る」

ことにしましょう。

例えば図の例で言うと、上側のネットワークをネットワーク(1)、 下側のネットワークをネットワーク(2) とします。

そして、それぞれのネットワーク内で端末に一意の番号を振れば、 どのネットワークのどの端末 か、しっかり指定することができます。

つまり「30番から150番のプリンター」では、どれからどれへ接続するのかわかりませんが、 「ネットワーク(2)の30番から、ネットワーク(1)の150番のプリンター」と指定すれば良いのです。

ネットワークをまたがる接続

さて、ここでひとつ疑問が浮かびます。

「ネットワーク(2)の30番」から「ネットワーク(1)の150番」へ接続したいのですが、 どうやって、(2)の30番が、(1)の150番を見つければよいのでしょうか?

ここで、「同じネットワーク上にある機器ならすぐに見つけられる」 ということは、 知っているものとしましょう。

うまい方法があるのです。

下図のように、『両方のネットワークにまたがる機器』を用意するのです。

そして、ルールを作ります。

ルール
(1) 同じネットワーク上の機器は直接接続する。
(2) 他のネットワークの機器に接続したいときは、 『両方のネットワークにまたがる機器』に接続して、自分の代わりに接続してもらう

こんなルールです。

すると、先ほどの例「ネットワーク(2)番の30番の機器からネットワーク(1)の150番の機器へ接続する」場合、 次のようになります。

ネットワーク(2)番の30番は、ネットワーク(1)番の機器へ接続しようとします。

しかし、ネットワークが違うので、ルールに従って『両方のネットワークにまたがる機器』へ接続します。

その機器はネットワーク(2)では「ネットワーク(2)の1番」、 ネットワーク(1)では「ネットワーク(1)の1番」です。(2)の30番からみて、(2)の1番は同じネットワークですから すぐに接続可能です。

『両方のネットワークにまたがる機器』はネットワーク(1)側では「ネットワーク(1)の1番」です。 「ネットワーク(1)の150番」とは同じネットワークですから、直接接続可能です。

このように、「ネットワーク(2)の30番」から「ネットワーク(1)の150番」へ接続するときには、 『両方のネットワーク(2)またがる機器』を経由して接続することができるのです。

ネットワークって何? | ネットワークが増えたらどうするか?
ホーム > ネットワーク超入門 > ネットワーク上にある他のコンピュータに接続するにはどうしたらよいか?