Web/DB プログラミング徹底解説

ホーム > ネットワーク超入門 > ここまでのまとめ

ここまでのまとめ

ここまでにできたことを、一旦おさらいしておきましょう。

1. 「番号を指定」することによって、他のコンピュータと接続できた

「それぞれのコンピュータに番号を振れば、どのコンピュータかわかる」 これだけでしたね。

※おさらいするなら...
ネットワーク上にある他のコンピュータに接続するにはどうしたらよいか?

2. 違うネットワークのコンピュータとも接続できた

ネットワークにも番号を振って、 「何番のネットワークの何番のコンピュータ」 と指定すればよいのです。

さらに、ネットワークをまたがるコンピュータ を用意して、 「違うネットワークのコンピュータに接続したいときは、両方のネットワークにまたがるコンピュータに問い合わせる」 というようなルールを作るのでしたね。さらに、インターネットに接続しているとか、たくさんネットワークがあるときは、 ルールを増やす、ということで対応します。

※おさらいするなら...
ネットワーク上にある他のコンピュータに接続するにはどうしたらよいか?
ネットワークが増えたらどうするか?

3. 「番号」だけではなく 「名前」 でも接続できる

番号と名前の 「対応表」 をそれぞれのコンピュータに配布するとか、 「名前を番号にするコンピュータ」 を用意するのでしたね。

※おさらいするなら...
番号じゃわかりにくい!
インターネットには、無数のコンピュータがある。どうしよう!?

ここまでのことがピンとこないなら、先へ進む前に、読み返しておいて下さい。

インターネットには、無数のコンピュータがある。どうしよう!? | 「番号」 は 「IP アドレス」
ホーム > ネットワーク超入門 > ここまでのまとめ