Web/DB プログラミング徹底解説

ホーム > ネットワーク超入門 > 違うネットワークにまたがる機器 ~ ルーター

違うネットワークにまたがる機器 ~ ルーター

スポンサーリンク

ここしばらく、IP アドレスの説明が続いていました。サブネットマスク、プライベートアドレス、アドレスクラス・・・、 盛りだくさんでした。大丈夫でしょうか? 混乱していませんか? もし記憶があやふやになってきたら、適当に過去の記事を読み返して、 復習してくださいね。

さて、今日は違うネットワークのコンピュータに接続するときに登場していた 「違うネットワークをまたがる機器」 について説明します。

何のことだったか、覚えていますか?記憶をリフレッシュするために以前の図をお見せします。

この図で思い出しましたか?

上図の下側のネットワーク、ネットワーク 2 番に接続しているコンピュータから、上側のネットワーク 1 番のネットワークのコンピュータに接続する場合は、 「ネットワークにまたがる機器」 に接続するのでしたね!

そうです。こいつです。

今日はこの機器についての説明です。

ルータ ~ ネットワークをまたぐ機器

ズバリ、この 「ネットワークをまたぐ機器」 のことを ルーター といいます。

普通のご家庭で、ネットワークに接続するところに ブロードバンドルーター などの機器を接続していると思いますが、 あれはまさに、「『家庭内のネットワーク』 と 『インターネット』 の両方にまたがる機器」 ということができます。

そして、このルータはパソコンというよりは、下の図のような機器であるのが普通です。

もちろん、Windows などのパソコンでもルータとしての機能を持たせることが可能なものもあります。

しかし通常は、こうした専用機器が安く高性能ですから、ルーターにはこういう専用機器を使います。

IP アドレスのクラス、グローバル IP アドレス、プライベート IP アドレス | 無線 LAN の仕組み
スポンサーリンク
ホーム > ネットワーク超入門 > 違うネットワークにまたがる機器 ~ ルーター