Web/DB プログラミング徹底解説

ホーム > JavaScript プログラミング > 内部変数 (フィールド) 定義 ~ JavaScript によるオブジェクト指向プログラミング

内部変数 (フィールド) 定義 ~ JavaScript によるオブジェクト指向プログラミング

クラスの内部変数ということは、それぞれのオブジェクトの状態とも言い換えられます。

今回の例で取り上げている Person (人) クラスの場合、例えば名前や年齢が内部データになります。

内部変数は prototype にではなく、this に設定します。this に内部変数を設定することにより、 その変数がオブジェクトワイドの変数として定義されます。prototype に指定すると、 クラスワイドになってしまい、オブジェクト間で同じ値になってしまうのです。

さっそく、サンプルコードを見てみましょう。

var Person = function ( n ) {
	this.name = n;
}

Person.prototype.say_hello = function() {
	alert( this.name );
}

var p1 = new Person('Ichiro Suzuki');
var p2 = new Person('Hanako Yamada');

p1.say_hello(); // 'Ichiro Suzuki' が表示される
p2.say_hello(); // 'Hanako Yamada' が表示される

ここでは、コンストラクタ Person で引数に n を受け取り、それを this.name に代入しています。

say_hello メソッドでは、this を経由して、name にアクセスしてそれを alert で表示しています。

このように定義しておくと、p1, p2 のようにそれぞれのインスタンスで、異なる name 値を持つことが可能になります。

内部変数の保護

上で紹介した方法は new を用いており、C++ 等になれた人にはなじみのある構文でわかりやすい という利点があるものの、name が保護されていないという問題があります。

例えば上記の例では、以下のように name に直接アクセスし書き換えることが可能になります。

var Person = function ( n ) {
	this.name = n;
}

Person.prototype.say_hello = function() {
	alert( this.name );
}

var p1 = new Person('Ichiro Suzuki');

p1.say_hello(); // 'Ichiro Suzuki' が表示される

p1.name = 'Hanako Yamada';

p1.say_hello(); // 'Hanako Yamada' が表示される

オブジェクト指向では、データのカプセル化は非常に重要です。

そこで、プライベート変数とするために次のように書きます。

var person = function (n) {

	var name = n;

	return {
		say_hello: function() {
			alert( name );
		}
	};
};

var p1 = person('Ichiro Suzuki');

p1.say_hello();

このようにすると、変数 name にはアクセスすることが出来ません。 例えば以下のように name に 'Hanako Yamada' を代入しようと試みても、 内部変数 name を書き換えることは出来ません。

var person = function (n) {
	var name = n;
	return {
		say_hello: function() {
			alert( name );
		}
	};
};

var p1 = person('Ichiro Suzuki');

p1.say_hello(); // 'Ichiro Suzuki' が表示される

p1.name = 'Hanako Yamada';

p1.say_hello(); // 'Ichiro Suzuki' が表示される

このコードを理解するにはクロージャ (closure) を理解しなければなりません。

それでは次にこのコードを用いて、クロージャについて説明します。

JavaScript によるオブジェクト指向プログラミング 目次 | >> クロージャ