Web/DB プログラミング徹底解説

ホーム > おすすめ技術書籍 ~ C/C++ 言語

おすすめ技術書籍 ~ C/C++ 言語

スポンサーリンク

サイト管理人が読んだ本の中でお奨めはこちら

独習C 第4版 (レベル: 初級)

C 言語、定番の入門書です!解説も簡潔でわかりやすいです。

練習問題がたくさんありますので、それをひとつひとつ自分で解いて理解を確かめてください

私自身も問題は解いて勉強しました。仕事で新人の人を指導するときも、いつも本書を教科書に使ってました。
手軽に C 言語の勉強を始めるなら、無償版の Visual C++ Express Edition を使いながらこの本を読みすすめればよいと思います。以前は最適化までできるバージョンのものは高価だったのに今は良くなりましたね!
今すぐ、本書と Visual C++ で勉強を始めましょう!

Cプログラミング専門課程 (レベル: 初級~中級)

独習C 第4版 などで C 言語の基本的なことがわかった人は、こちらの書籍をじっくり読んで理解を深めると良いでしょう。 その場合も自分でちゃんと手を動かして、試しながら肌で理解してください。

(参考 URL) ウェブサイト「パソコン初心者の館」

C 言語をある程度勉強したが、ポインタがわからない。苦手。というひとはこの本を読んでください! 実際に手を動かして試しながら学ぶことで、ポインタをはっきり理解することが出来るでしょう。

ちなみに、このくらいの本が読めるようになったら、 Windows プログラミングに入っていけると思います。 Windows プログラミングについては、このサイトの Windows プログラミング入門 も参考にしてください。

独習C++ (レベル: 初級)

C++ 言語、定番の入門書です。解説も簡潔でわかりやすいです。 独習C 第4版 を一通り理解してから C++ の世界を垣間見るには大変よいです。

こちらもやはり練習問題がたくさんありますので、それをひとつひとつ自分で解いて理解を確かめてください。

STL標準講座―標準テンプレートライブラリを利用したC++プログラミング(レベル: 中級)

C/C++ の基本が出来たらこの本で、STL の使い方を覚えましょう。

おすすめの 独習C 第4版独習C++ と同じ著者らしく、説明が非常に簡潔かつ的確に記載されています。

リスト、キュー、マップなどは、毎回いちいち実装しなおすのではなく STL を用いてさっと使えるようにしておくと良いでしょう。

Effective STL―STLを効果的に使いこなす50の鉄則(レベル: 上級)

STL標準講座―標準テンプレートライブラリを利用したC++プログラミング のような STL の入門書を読んで STL の概要をつかんだら、本書に進むことを目標にしましょう。

STL を効果的に使うための方法が 50 個のルールに整理されており、その一つ一つを説明、検証してあります。

例えば簡単な例で言えば次のようなものがあります。

size() で 0 を調べる代わりに empty を呼び出そう

任意のコンテナ c に対し、次のように書くことは・・・

if( c.size() == 0 ) ...

・・・次のように書くことと本質的に変らない。

if( c.empty() ) ...

(中略)

empty を使った構文の方が望ましい理由は単純である。empty は全ての標準コンテナに対して定数時間処理だが、 size の場合、一部の list の実装には線形時間がかかる。

著者はこれに対して全ての標準コンテナに対して、定数時間処理の size を実装することの難しさを説き、 表題のルール (size() == 0 の代わりに empty を常に使っておけばよい) の根拠を示しています。

コンピュータ・サイエンスの基礎がないと読み解くのは難しいですが、読む価値のある一冊です。

その他のオススメ本

こちらも私が読んだ本です。

UNIX ベースの解説でかつ古いので、無理に全部理解しようとせず、 読み物として読めば楽しいです。 題材は UNIX ですが、どういう部分にどういうコードを書いているのか、 アイデア満載です。こういうのをみると、しっかりコンピュータサイエンスを学ぶ気力が出ます。

スポンサーリンク