Web/DB プログラミング徹底解説

ホーム > おすすめ参考書 ~ 英語学習

おすすめ参考書 ~ 英語学習

スポンサーリンク

IT 系企業に勤めている人は、一般的に業務時間も長く、必要性は理解していてもなかなか英会話学校などに通うことは難しいものです。 英語を話す機会がなければ、学生時代に覚えたこともどんどん忘れていく一方です。

オンライン英会話スクールを活用しよう

そこで、自分の空き時間を有効利用するために、私が日本にいるときに利用していたのはオンライン英会話スクールです。
アメリカで知り合った友達 (アメリカ在住9年目の日本人です)が、オンライン英会話スクールの選び方や利用方法をまとめたサイトを作ったので紹介します。

» オンライン英会話スクール超入門

日本で家にいながら英語を話す機会を作るには、やはりオンラインスクールを活用するのが一番です。
今どき、日本企業でも社内公用語を英語にするというところが増えてきていますから、一日も早く学習を始めると良いと思います。

IT 英語

IT 専門英語については、こちらにリストを作りましたので参考にしてください。

» IT 系エンジニアに贈る英語学習教材ベスト5

また当サイトでおすすめしている技術書がほとんど洋書であることもお気づきかと思います。 やはり最新情報を手に入れるには英語の情報を避けて通るわけには行きません。

» 洋書の読み方・選び方

おすすめの自習参考書

その他、自習用の参考書は以下を参考にしてください。

Basic Grammar in Use with Answers

とても基本的な文法の自習書です。レベルは単語レベルだけで言うと、日本の中学生程度といってよいと思います。

しかし!優しいといってあなどれません。

例えば未来形の I'm going to ... と I will ... を正しく使い分けられるでしょうか?
どちらも、日本語にすると「・・・でしょう」となってしまいませんか?
be going to と will は明確な違いがあります。

このような文法は、実は高度な文法ではなく、本来基本的な内容なのに日本の英語教育ではほとんどカバーされることの無い項目 (先生によっては教えてくれる人もいるでしょうが通常は習わない)なのです。

ちなみに、I'm going to ... は既に予定していたことを話すために使います。 一方、I will はその場で決めた将来のことについて話すために使います。 既に予定されていること、すると決めたことには will は使いません。
(We do not use will for things we have already arranged or decided to do.)

また挿絵が多いので、楽しく、直感的に学ぶことができます。 つまり、絵で学ぶことによって、「日本語に翻訳してしまうリスク」を減らすことができるでしょう。 文章から学ぶとどうしても

(意味を表す文章)→ (日本文)→ (英文)

という思考の流れになってしまいがちですが、本来

(意味・状況)→ (英文)

という風に考えるべきです。挿絵の多い本書はこの点でも非常に優れています。

ちなみに、ケンブリッジ大学出版局の書籍は似たタイトルの書籍が多いので十分注意してください! この書籍はアメリカ英語ですが、English Grammar in Use という似たタイトルの本はイギリス英語です。 アメリカでイギリス英語を話すと、奇怪に感じられることもあるようですから気をつけましょう!

Grammar in Use Intermediate With Answers

こちらの参考書は Basic Grammar in Use with Answers の学習項目はほぼ同様で、挿絵がやや減り、説明文がやや増えたような内容になっています。

Practical English Usage

定番の用法辞典です。用法で迷ったときはこの辞典で解決しましょう。

例えば、except と except for をどのように使い分けるでしょうか?small と little の使い分け、などなど、簡単にはわからない使い分けも、 この辞典で調べることができます。

Common American Phrases in Everyday Contexts

アメリカ人と働いていて、何を言っているか聞こえたけど、意味のわからない言葉に出会うことが良くあります。 それは慣用表現だったり、いわゆるスラングだったりします。一冊は本書のような日常表現集を持っていると便利です。

魔法の発音!ハイディの法則77

この本はとても面白い独自の方法論を教えてくれます。

日本語の「らりるれろ」の音が、英語の発音をする上で非常に大事な役目を担っていることを指摘し、 その活用方法をやさしく学ぶことができます。

例えば、

What do you think? (どう思う?)

を発音するとき、

ホワッ・ドゥー・ユー・シィ(th) ンク?

と発音してしまいませんか?

本書では What do ... の部分にリエゾンが発生することを指摘し、ワる(この「る」は日本語のらりるれろの「る」) と発音するよう教えてくれます。

すると、上の文は

ワルユーシンク?

のようになります。こちらの音で普段から練習しておけば、話すのも聞くのもより正しくなること間違いなしです! 本書ではこのようなスーパールールが 77 個に整理され、かつ、簡単に学習できるように工夫されています。

改訂版 外資系企業に入るための履歴書と面接の英語(CD付)

こちらは英語学習というよりは、アメリカで働くにあたり避けて通れない英文履歴書の作成方法と面接の方法を詳しくアドバイスしてくれます。

英文履歴書はこの本のフォーマットを参考にして作ると良いでしょう。

面接準備に関しては、面接で一般的に聞かれることの多い質問と、その答え方について詳しく書いてあります。

Programming Interviews Exposed: Secrets to Landing Your Next Job (Programmer to Programmer)

外資系またはアメリカでの就職を希望している方は、面接準備として、技術問題がしっかり出ると思っていたほうが良いです。 「こんな場合どうしますか?」と問題を出されて、面接官の前でホワイトボードに手書きでコードを書くような感じです。

面接を受ける前に、この書籍の問題くらいがスラスラできるようになっていれば良いでしょう

解き方は別に違う方法でもかまいません。 どの場合でも「この解き方は優れています。なぜなら・・・」と説明できればばっちりです。

英会話に役立つアメリカ人の思考と論理―アメリカ人の本音がわかるヒント70 (NOVA BOOKS)

日本国内だけでなく、アメリカの人と一緒に働く機会を持つ人は必読です。 アメリカ人とコミュニケーションをとるにあたり、あらかじめ知っておくべき、理解しておくべき考え方がぎっしり詰まっています。

例えば、何か間違いがあった時、日本人は「アメリカ人はいい訳ばかりする」と非難しがちですが、 アメリカ人は間違いを犯した事情を説明すべき、その方が丁寧だと思っているのです。つまり、逆にアメリカ人から見たら、 日本人は「言い訳もせずにたいした理由も無いのに間違いを犯した」と思う可能性があるということでしょう。

本書はこうした考え方の違いを70項目、それぞれ見開き2ページでわかりやすく解説しています。

スポンサーリンク