Web/DB プログラミング徹底解説

ホーム > PHP プログラミング > Xdebug による var_dump の機能拡張

Xdebug による var_dump の機能拡張

Xdebug とは?

Xdebug についてご存じない方は、Xdebug によるデバッグ環境の構築 をお読みください。

要は PHP のデバッグ環境を拡張するためのエクステンションです。

var_dump の機能拡張

class Car {

     var $_number_of_wheels;
     private $_name;
     
     public function __construct() {
          $this->_number_of_wheels = 4;
     }
     
     public function __destruct() {
     }

     public function getName() {
          return $this->_name;
     }
     
     public function setName($n) {
          if(!is_string($n) || strlen($n) == 0){
               throw Exception("Invalid name value.");
          }
          $this->_name = $n;
     }
     
}

$car1 = new Car();
$car1->setName('Sienna');

echo '<pre>';

var_dump( $car1 );

echo '</pre>';

上記の var_dump によって、どのような結果が出力されるでしょうか。

Xdebug の無い場合の var_dump

通常は以下のような結果が出力されます。

var_dump の出力結果

Xdebug が有効であるときの var_dump 出力

Xdebug を利用すると、var_dump の出力は以下のように、より可読性の高いフォーマットで出力されます。

Xdebug による var_dump の出力結果

私は Xdebug が有効である場合の var_dump 出力の方が、直感的にわかりやすいと思いますが、いかがでしょうか?