Web/DB プログラミング徹底解説

ホーム > .NET Framework による開発 > Visual Studio 2010 - 使用法からの生成(コードの自動生成)

Visual Studio 2010 - 使用法からの生成(コードの自動生成)

「使用法からの生成」はスタブコードの自動生成機能

Visual Studio 2010 では、未定義のコードがあった場合、そのコードのスタブコードを生成する機能が追加されました。

例えば、次のようなコードがあったとします。

Foo f = new Foo();

ここで、クラス Foo がどこにも定義されていない場合、そのクラス定義を自動生成することができます。

また、さらにプロパティやメソッドについても同様です。

上のコードから、次のように付け足してコードを書いたとします。

Foo f = new Foo();

f.Name = "Keisuke";
f.sayHello();

ここで、どうやら文字列型のプロパティである Name 、それと sayHello というメソッドが定義されていない場合、 そのスタブコードを Visual Studio が生成することができます。

この機能は 使用法からの生成 (Generate from Usage) といいます。

この機能のデモは次のようになります。

「こんな風にうまく動くクラスがあったらいいなぁ~」 という勢いで最初にコードを書いて、 この機能を使ってスタブを作れば、効率よくコードが書ける場合がありそうですね。

ホーム > .NET Framework による開発 > Visual Studio 2010 - 使用法からの生成(コードの自動生成)