Web/DB プログラミング徹底解説

ホーム > IIS 徹底解説! > アクセスログの採取方法

アクセスログの採取方法

スポンサーリンク

ログの採取

Web サイトを公開したら、どのくらいのユーザーがサイトに訪れているか把握しましょう。 サイトに訪れている数だけではなく、サイト(サーバー)管理者の立場でいえば、サイト内でエラーが発生していないかなど、 チェックすることはとても重要です。

IIS にはアクセスログを記録する機能があり、アクセスログを簡単に収集することが可能です。 ログを収集する設定は次の通りです。(既定の設定でログは収集するように設定されています)

  1. IIS マネージャを開き、ログ収集 をダブルクリック

  2. ログ収集の設定が表示されます。

    通常はこの設定を受け入れるので良いと思います。

    W3C 形式ではログを記録するフィールドが選択できます。フィールドの選択 をクリックすると、 記録するフィールドの選択ダイアログが表示されます。

    ログが膨大になり余程困るというのでなければ、全てのフィールドを記録しておいたほうが、 トラブルシューティングには役に立ちます。

  3. 右上の 適用 をクリックすると設定が有効になります。

デフォルトの設定の通り、サイト単位、W3C 形式でログを記録するのが非常に一般的です。

ログファイル

この設定を行うと %SYSTEMDRIVE%\inetpub\logs\LogFiles の下に、W3SVC[サイトID] という名前のフォルダが作成され、その中にログファイルが作成されます。

ログファイルの名前は、UTF-8 による記録の場合 u_exYYMMDD.log です。ANSI による記録では、 exYYMMDD.log です。

尚、ログの時間は UTC で記録されているので、ログの時間を見るときに注意が必要です。

例えば、日本の標準時間は UTC より9時間早いので、日本時間の2010年1月1日のお昼(12時)のアクセス状況をみたいときは、 u_ex100101.log の(12-9=3なので)3時のアクセスログを見ればよいのです。

スポンサーリンク
ホーム > IIS 徹底解説! > アクセスログの採取方法