Web/DB プログラミング徹底解説

ホーム > IIS 徹底解説 > IIS の構成のバックアップ

IIS の構成のバックアップ

スポンサーリンク

構成ファイルのバックアップ

IIS の構成ファイルはバックアップしておくことが可能です。

IIS 7.0 の管理用コマンドである AppCmd はバックアップをサポートしています。

IIS のバックアップは、なるべくこまめにとったほうが良いですが、特に次のタイミングでとっておくと良いと思います。

  • IIS をインストールした直後
    クリーンな状態を保存するためです。
  • IIS に大きな変更を加える前
    失敗した時に元に戻せるようにするためです。

この処理は管理権限で実行します。(参考: UAC と権限の昇格)

バックアップは簡単です。

次のように add backup オプションで appcmd を実行します。

C:\>%systemroot%\system32\inetsrv\appcmd add backup
BACKUP object "20090402T204657" added

上記のように、日付と時間をもとにバックアップの名前がつけられます。

意味のある名前をつけたい場合は、backup の後に名前を指定します。

バックアップのリスト

現在採取されているバックアップは、次のコマンドで確認することが出来ます。

C:\>%systemroot%\system32\inetsrv\appcmd list backup
BACKUP "20090402T204657"
BACKUP "CFGHISTORY_0000000146"
BACKUP "CFGHISTORY_0000000147"
...

バックアップのリストア

ある時点で取得した構成ファイルに戻すためには、バックアップの名前を指定して appcmd restore backup を実行します。

C:\>%systemroot%\system32\inetsrv\appcmd restore backup "20090402T204657"
Restored configuration from backup "20090402T204657"

尚、バックアップファイルは %SYSTEMROOT%\System32\inetsrv\backup 以下にバックアップ名のディレクトリ以下に保存されます。

スポンサーリンク
ホーム > IIS 徹底解説 > IIS の構成のバックアップ