Web/DB プログラミング徹底解説

ホーム > 今の職場よりも良い条件で働く方法

今の職場よりも良い条件で働く方法

実は、私は転職を4回しています。
つまり今まで5社で働いてきました。

最近は不景気のニュースばかり。

期間従業員の契約打ち切りの話題など、暗い話題が多いです。

こういう時代にも、皆さんが少しでも良い仕事に就くことを応援するため、
恥を忍んで、私の転職必勝マニュアルを大公開します!!

突然ですが、あなたは次のように思っていませんか?

「自分が勤めている会社が一番ではないが、現状仕方が無い...」
「どうせ、自分なんて良い会社には転職できない」
「転職してもどうせ良い条件で働けるはずが無い」
「良い大学を出ていないから大企業には行けない」
「まだキャリアがないから転職できない」

中には日頃から、自分の仕事に誇りをもち、自信を持って働いている方もいると思います。

しかし、残念ながら大半の方は、上の質問の2つ、3つ、もしかしたら全部の質問に対して、「はい」と答えるのではないでしょうか。

大変失礼な言い方をするようですが、そう考えることそこが失敗の始まりなのです。

大半の人は自分の周りだけしか知らないのに、

「どうせ自分にはできない」

と決め付けてしまっているだけなのです。

もっと良い給料、もっと良い職場環境で働ける可能性があるのに、最初からあきらめて、現状に甘んじている人が大半なのです

自分だけなら、じっと我慢すればいいだけかもしれません。

しかし、もっと良い環境で働くことで、家族にももっといい思いをさせてあげられるかもしれません。

...と、エラソウに言っていますが、実は私も昔は上に書いたようなことを考えていました。

自分は大学でコンピュータを専攻していないからこの会社にはいけないだろう...
あそこの会社には行けないだろう...
まだ新人だから転職したくてもどうせ出来ない、など...

実際に私は、働き始めて1年ほど経った頃に転職したくなり、池袋の転職フェアに行きました。
でも、なかなか話を聞いてもらえません。

あるブースでは「勤めて1年」といった途端に、「あなたはまだキャリアが無いから転職は無理です」 と逆に説教されたこともあります。 その時に感じた辛さ、みじめさ、情けなさは、本当に身にしみました。

確かに上に書いたことを真実のように語る人が多いです。

しかし、私はあちこちで働く中で、だんだんわかってきました。

出身学校や今の職場、キャリア・年数、それらの要素以上にもっと大切なことがあるということを。

そして、成功している人はそれを最大限に利用しています。

私がマイクロソフトに転職したときのことをお話します。

当時、私はほんとに必死に転職活動をしていました。

オンラインの転職サイトに片っ端から登録して、あちこちの会社の求人情報を調べ、転職フェアにも参加しました。

それは私が始めて就職して、1年目のことです。

「1年目なんだから、もう少し我慢して働け」

という人もいるかもしれませんが、とにかく私は必死にあちこち探していました。

最初に書いたとおり、そうして探し回っている中で 「あなたにはキャリアがないから転職は無理だ」 と、逆に説教されたりもしました。面接も落ちたこともあれば、業務内容がしっくり来なくてこちらから断ったこともあります。

正直、

「もうだめだ... こんなに頑張っているのにどこも見つからない...
大学、中退するんじゃなかった...」

と、後悔し、かなり悩んでいました。

自信も失いかけていました。

「やはり、あの人の言うとおり、おれはまだ 『キャリアが無いから無理』 なのか...」 と。

自信を失いかけているのを見抜かれたのか、親戚から紹介されたコネが十分にある会社の面接でも大失敗しました。

「おれは、コネがあっても落ちるのか...もうだめだ...」

この時は、本当に落ち込みました。

しかし、そうしてガッカリしている最中に、なんとマイクロソフトの人事担当者から私宛にメールが来たのです。 1999 年春のことです。

「小山さん
こんにちは。マイクロソフトの○○です。
○○サイトに登録してある、あなたのレジュメを拝見しました。
良かったら、当社へ転職しませんか。」

と。(原文のままではありませんが)

私は目を疑いました。

他の小さな会社の面接に落ちた人に、マイクロソフトの人事から直接メールが来たのです。

私は 「これはチャンス!」 とばかりに飛びつきました。

この時、私は面接の準備として 「質問とその答え」 を書いたのですが、なんと A4 サイズの紙で 15 枚にもなりました(笑)。
私はそれを全て覚えて、自然に受け答えできるよう練習してから面接に臨みました。

そして、結果は合格。

一人暮らしの小さなアパートで、合格のメールを見て、飛び跳ね、そして泣きました。

過去の失敗が活かせたのです。

もし、私が転職サイトに登録していなかったら、マイクロソフトに私を見つけてもらうことは出来なかったでしょう。

自分で必死に転職活動しても、なかなかうまく行かなかったのに、向こうから見つけてもらったらうまくいった。

こういうこともあるのです。

そして、マイクロソフトに入社してさらにわかったことがあります。

社内で活躍している人を見ても、必ずしもエリートコースを歩いてきた人ばかりではないということです。

中には高卒の人も少なくありませんでした。

彼らは良いタイミングで入社し、その後会社で実力を付けていったのです。

さらに、私と同期で入社した同世代の友達で話してみると、年俸に差がずいぶんあることに驚きました。

仲の良い友達に聞いてみたら、年俸の交渉はエージェントに任せたので、自分は何もしていない、ということなのです。

いかがでしょうか。

これが、私が実際に経験したことです。

出身学校や今の職場、キャリア・年数、それらの要素以上にもっと大切なことがある

そして、成功している人はそれを最大限に利用しています。

その成功の秘訣とは...

それは 「情報活用力」 です。

ありきたりのようですが、やはり本当です。

「今どこに勤めているか」 とか 「どこの大学を出たとか」 そういうことよりも、 上手に情報を収集し、それを活用する。

この能力と行動力こそが大切なのです。

出身大学とか、キャリアとかそういうことよりも、良いタイミングで良い案件にうまく乗ること。

これが非常に大切なのです。

どんな会社でも、採用を活発化する時期、あまり採用しない時期、いろいろあります。

普段から業界の動向にアンテナを張っておき、必要なスキルを身につけておき、良いタイミングで良いところへ転職する

これがとても重要です。

最近はオンラインでも転職情報やスカウトを受け付けているところも少なくありません。

利用できるものを総動員して、情報を集め、普段から十分な準備をしたいものです。

それから、もうひとつ。

私の経験から常々思っているのは転職活動は今の仕事が辛くない時にスタートするべきだ、ということです。

これには切実な理由があります。

今の仕事が非常に辛いと 「採用してくれないと困る」 という気持ちになります。

すると...

* 面接は受かりたい一心で、聞きたいことも聞けなくなる。
*「落ちたら困る」という気持ちから、死ぬほど緊張する
* あまり良い条件じゃないと思っても受け入れざるを得なくなる

だから、必要に迫られていない時期から転職活動をしておくべきなのです。

「転職活動」と思わなくても良いです。

業界の研究と考えればいいです。

逆に、今の仕事が辛くない時期に転職活動をすると、いいことがたくさんあります

1. 業界の福利厚生に関する実情をよく理解できる
2. 業界で必要とされているスキル、自分に足りないスキルを理解できる
3. それによって、自分の勉強のモチベーションが高まる
4. 「落ちても困らない」から気楽に面接に臨める
5. もちろん、条件の良いところがあったら転職可能
6. 転職のエージェントの人と知り合いになっておけば、良い案件があったときに教えてくれる

それでは具体的にどのようにしたら良いでしょうか。

最初にすることは、一番簡単なインターネット上での情報収集です。

転職サイトは調べればすぐにたくさん見つかりますから、 なるべくたくさん会員登録して、スカウトや業界の動向を掴みます。

登録しておきたいキャリア・Web サイト
リクナビ
パソナ キャリア
ジョブエンジン
デューダ
マイナビ
エン・ジャパン
イー・キャリア

しかし、残念ながらウェブサイトや求人情報には、良いことばかりしか書いていないものです

実情をしっかり掴むには、やはりエージェント (キャリア・コンサルタント) の方に会って、話を聞いておくべきです。

エージェントは、採用が決まったときに企業側から報酬を受け取る形が一般的ですから、転職する私たち側は無料でアドバイスや情報をくれます

また、大きな声では言えませんが、企業側とコンサルタントの間では、採用が決まったときの給料の何割、という契約で報酬が支払われる場合が多いです。 ですから、給料の交渉もコンサルタントの人は、「親身になって」 という以上に 「自分の問題として」 頑張ってくれます。

ですから、エージェントの人にお願いしない理由はありません。

会社の体質、離職率、退職の理由など、面接のときに面接官に聞くには相応しくないようなことを相談できるのは、 実際のところ、エージェントの方だけです。

なるべくたくさんのエージェントの人に実際にあって、信頼できる人を見つけるとよいです。

エージェント・無料セミナー等、情報源を探したので参考にしてください。

転職エージェント (派遣・フリーランス含む)

株式会社メイテックネクスト エンジニア専門の転職支援
はたらいく リクルートの求人・転職情報サイト
IIMヒューマン・ソリューション IT 業界への転職を希望する未経験の方向け。無料セミナーあり
ナイス案件.jp フリーエンジニアの方向け

ちなみに、私が以前転職するときには、エージェントの方と一緒に車であちこちの会社を回り、 実際に受験する会社以外の情報もたくさん聞いたりもしました。こういう情報は大変役に立ちました。

繰り返しますが、くれぐれも転職活動は早め早めに動きましょう。

仕事が辛くなってから転職活動するのは、精神的にほんとにきついです。

エージェントの人と知り合いになっておくと、いろいろと情報を教えてくれるので、気持ちが大変楽になります。

また、正直なところエージェントの人にも、当然人ですから、いろいろな人がいて、(失礼ながら) 当たり外れがあります。 ですから、なるべく多くのエージェントさんに話を聞いて、一番信頼できそうな人を選ぶと良いです。

以上、私の経験から思うところを書きました。

不況の中でも、皆さんが良い環境で楽しく働けることを願っています。