Web/DB プログラミング徹底解説

ホーム > Windows 徹底解説 > イベントログの仕組み

イベントログの仕組み

スポンサーリンク

イベントログは高速に記録可能かつローカライズが容易なように、 独特の仕組みで実装されています。

イベントログは次の仕組みで表示されています。

主なコンポーネントは以下の三つです。

  • ログを記録するプログラム
  • メッセージファイル
  • メッセージファイルの登録

プログラムがイベントログに対して、ログを記録します。 通常それは主にメッセージの ID とパラメータという形で記録を行います。

イベントビューアにてログを表示する場合は、プログラムが記録した ID を元にメッセージファイルからメッセージ文字列を取得します。 レジストリの登録情報から使用するメッセージファイルを特定します。

登録はレジストリの、HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\EventLog\ の下に Application, System, Security それぞれの設定を行います。

メッセージは書式付のフォーマットの形式で登録されているものもあり、 その場合は、プログラムが渡したパラメータと合わせて、最終的なメッセージが決まります。

イベントログ API の利用

ログを記録するプログラムは以下の API を利用します。

  • イベントソースの登録とハンドルの取得 ~ RegisterEventSource
  • イベントの書き込み ~ ReportEvent
  • 登録の解除 ~ DeregisterEventSource

メッセージファイルの作成

メッセージファイルは DLL または EXE にリソースとしてメッセージ情報を埋め込んだものです。 一般的には dll が使用されます。この dll をレジストリに登録し、それをイベントビューがが参照します。

尚、リソースのみのリソース DLL を作成する場合は /NOENTRY リンカオプションを利用すると良いでしょう。

スポンサーリンク